もしもシッティング中に、シッターがものを壊してしまったら?

シッターの過失により損傷した場合は、もちろん弁償させていただきます。 ただし、シッターが居ないときの損傷はその範囲ではございません。お留守中は倒れやすいもの、壊れやすいもの 貴重品等はしまっておいていただけるように、お願いしております。